抗インフルエンザ薬

 薬剤師であれば誰もが、タミフルは服用しても大丈夫なのか、などと質問されるものです。報道等でよくタミフルの副作用が取り上げられることから、市井の多くの人も認知しているのでしょう。報道ではタミフルを服用した子どもの異常行動と、それに伴う死亡事例が紹介されましたから、子どものいるご家庭では気を付けていらっしゃることでしょう。確かにこの副作用についても警鐘を鳴らす必要があるのですが、インフルエンザについてはもう少し包括的に整理しなければなりません。

 インフルエンザに効く薬は抗インフルエンザ薬と呼ばれており、タミフル、リレンザ、イナビル等が代表例です。タミフルは錠剤ですから、目立った特徴はありません。5日間普通に呑み続ければよい薬です。それに対してリレンザとイナビルは変わった薬だと言えます。粉末状のものを、鼻から吸い込む形で服用するのです。この方式は吸入式と呼ばれています。因みにリレンザは5日間服用する一方、イナビルは1回限りの服用で済ませます。これらの抗インフルエンザ薬は、病因そのものを取り除くことができません。つまりウイルス自体を死滅させることができず、増殖を抑えることで役目は果たされます。ですから増殖後に服用しても意味が無いと言われており、発症してから48時間が経過すると、服用の機会を失うことになります。

 では48時間が経過してしまった患者はどうすれば良いのでしょうか。簡単なことです。ただ休息を取ればよいのです。放置すれば重症化して大変なことになると心配される方もいらっしゃるでしょうが、それは杞憂というものです。免疫力が極端に落ちていない限り、インフルエンザは自然に治ります。たとえ39度の高熱が出たとしても、眠るだけで治るのです。この事実を知れば、抗インフルエンザ薬のあれこれを勉強する必要もないことがお分かりになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です