リレンザとタミフル

薬剤師としてよくされる質問に、「タミフルは問題ないのか」があります。一時期タミフル服用にともなう「異常行動」が話題となり、マスメディアにも取り上げられました。その影響故の質問だろうと思います。センセーショナルな報道内容だったこともあり、心配されるのも分かりますが、抗インフルエンザ薬については、もう少し話を広げて理解に努める必要があります。

 抗インフルエンザ薬として医療機関に多用されるのは、「タミフル」「リレンザ」「イナビル」でしょう。タミフルは錠剤なので、一般的な薬の服用と変わらない方法で5日間呑み続けます。リレンザとイナビルは経験された方も多いと思われますが、いわゆる吸入式の薬です。鼻から勢いよく吸い込む方法で取り込みます。リレンザが5日間吸引し続けなければならないのに対し、イナビルは1回で済むという違いがあります。

これらの薬について誤解されている方もいますが、抗インフルエンザ薬はウイルスを消滅させることができません。ただ増殖を抑えるに過ぎません。しかも増殖してからでは服用する意味がありません。少なくとも発症後48時間以内に服用しない限り、その効果は期待できないのです。

 この服用ルールを知れば、48時間以内に服用できなければどうなるのかという心配が生じるのも当然です。例えば重症化して肺炎にでも罹るのではないかと思われるでしょう。しかしそれらは杞憂です。少なくとも免疫力が正常に働けば、そのような重症化は考えられません。例えばインフルエンザに感染し、39度の熱を発症したとします。それでも寝室で横になり、眠り続ければ、自然に治ります。水分の補給さえ忘れなければ、3日ほどで症状が治まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です