薬局の専門性

薬局は専門性が高く、そこにいる薬剤師も専門性が高いことは当然なのですが、それだけでなくさまざまな専門性が薬局には備わっているということを、知っておく必要はあるでしょう。

例えば、薬局の店頭が一般市民が簡単に立ち寄ることができる相談の窓口となって生活をする人に、サービスを与えるという役割を担っていて、その地域の福祉的な力となるという役割を果たすことができるわけです。

薬局には、従来から非常に幅広い知識を活かして保険や医療、そして近年問題となりつつある、副詞的な立場にも積極的に関わることができる専門性の高さを持っているわけですから、これを全国の薬局が一体となって活用する形なわけです。

さらに、その薬局がどのような薬局なのかということが、サービスの内容や業務内容などを各自治体に届け出ていることが義務付けられたため、その利用者は薬局が一体どんなものなのかということを実際に問い合わせることで知ることができるようになったということも、より薬局との距離を身近に感じやすい要素の一つであると言えそうです。

薬局は、専門性が高いと言われながらも、親しみやすいというイメージを昔は持っていただけですが、現在では残念ながらそのようなイメージが大きく変わりつつある現状もあるわけですね。