旬の食べ物と体温

 体温を上げることは健康のための第一歩です。食べ物には、身体を温めてくれるものと、冷やしてくれるものと、どちらでもないものとがあります。身体は食べ物の影響を強く受けるため、夏の暑い中にあっては冷やしてくれる食べ物を欲しますし、逆に冬は温めてくれる食べ物に手が伸びます。実は旬の野菜や果物は、この人間の行動に合致しており、例えば夏野菜の多くは身体を冷やしてくれますし、冬野菜は温めてくれます。ですから旬の食べ物を摂取することは、健康を維持する上で大切なのです。

しかし最近は科学技術の進歩により、農業も季節に左右されなくなっています。冬でも夏野菜が食べられるのは便利なのですが、寒い冬にそれらを食べると、必要以上に身体が冷えてしまいます。身体が冷えれば免疫力が低下し、健康が損なわれます。では夏なら問題ないのかと思われるかもしれませんが、現代は空調設備が整っており、夏でも身体が冷えています。身体の冷え感じる時は、旬だからといって夏野菜食べるのを避け、温かいスープ、鍋料理等で楽しむようにしましょう。

薬に頼らない、健康的な身体をつくるためには、他にも様々な生活実践法を試みましょう。その一つとして挙げられるのが、インナーマッスルのトレーニングです。筋肉には大別して、アウターマッスルとインナーマッスルとの2種類があります。アウターマッスルは身体の外側の筋肉で、インナーマッスルは内部の筋肉です。前者は瞬発力と関わり、後者は持久力と関わります。この「持久力」をもたらす筋肉を鍛えてあげるのです。「マッスル」などと言えば、多くの人を誤解させてしまうかもしれません。安心してください。ジムで苦悶するような話ではありません。普段の生活の中で、簡単に実行することができます。